運営者情報

オンライン英会話のブログの運営者、たろうと申します。

ファッション小物関連の商社で10年以上に渡り貿易責任者をしています。

TOEIC® Listening & Reading Testで400点だった僕が新卒で入社した企業でいきなり海外貿易責任者に任命され、半年で英語を使い海外の人と交渉できるようになりました。

その体験を踏まえ、英語が苦手な社会人が英語を話せるようになることを目標に当サイトを運営しています。

当メディアを読むことで次の悩みを解決できます。

当サイトで解決できること
  • TOEICの点よりも英語を話せるようになりたい
  • 社会人で英語が苦手だけど英語を話せるようになりたい
  • おすすめのオンライン英会話を知りたい

当メディアの運営者について

運営者のたろうです。

現在は中国や香港などアジア圏を中心に英語を使い仕入先担当者と商品企画や納期の管理をしています。

フランスやスイス、ドイツに出張した経験もあります。

会話は全て英語です。

海外出張は上司と同伴なので、当然ながら上司の通訳も兼ねます。

ざっくり説明すると、次の内容を通訳します。

  • 商談
  • ベンダーとの夕食での会話
  • 空港やホテルチェックイン時のやり取りや朝食や昼食時の注文

要するに全部です。基本的に24時間通訳してます。

商談や夕食の会話は同時通訳です。上司が話している内容を片方の耳で聞きながら即座に訳して話します。

当然ですがベンダーの話す内容も聞き取り同時通訳します。

夕食の時は、最悪の場合上司の話している内容を通訳するだけで大丈夫ですが、商談に至っては自分が伝えたい内容も話さないといけません。

脳がいくつあっても足りないくらいハードです。。。

会社では唯一の英語ができる人材として唯一無二の存在です。

そんな自分ですが、子供の頃から英語が得意だったわけではありません。

学生時代は英語が苦手でした

中学時代の英語の通知表は1か2

大学受験の模試では英語の偏差値が30代でした。

大学受験の時は英語のダメ具合を国語や世界史(なぜか偏差値70くらいあった)などの科目で補って挑んだくらいです。

こんな英語を避けて生きてきた僕なので、当然英語を使わない仕事を選びました。

某商社のECサイト部門に入社

僕は新卒で某商社のネット通販部門に入社しました。

ネット通販なら英語は要りませんよね。たまに来る海外からの問い合わせは読まずにテンプレートを貼り付けて返信するだけの簡単な作業!(めっちゃ相手に失礼)

たろう

これからECショップで頑張っていくぞーーー

と思っていた矢先、直属の上司の大きな不祥事が発覚しました。

上司は即日退職しました。

自主退職という形でしたが、解雇に近かった気がします。(急に居なくなったのであまり覚えていません)

最後は社長室に呼び出されたまま蒸発したので消えたという表現が近いですかね。

最後に交わした言葉が「社会人とはこうあるべき!!どや!!!」との説教だったのはご愛嬌です。未だにネタです。

入社半年でECサイト部門が閉鎖

上司の「自主退職」により、上司と僕だけで運営していたECサイト部門は閉鎖されることが決定しました。

入社して半年の僕は当然なにもすることができません。

たろう

仕事なくなる。どうしよう。。。

ECショップの閉鎖作業をしながら不安に怯える毎日。そんな中、偶然にも貿易部門の担当者が退職することになりました。

会社で唯一の外国語ができる人材の退職でした。当然引き継ぎが必要です。

そこで白羽の矢が立ったのが僕でした。

理由は、大卒だから。

衝撃的でした。

社長に言われた「お前大卒やろ?英語できるよな」は今でも忘れられません。

たろう

大卒=英語話せるってどういうことや。。。

と思いながらも、やるしかありません。なぜなら出来なかったらクビになるからです。

猛烈に英語を勉強しました

異動が決まってからは猛烈に勉強しました。

前任者の退職は半年後。

要するに、半年で英語を習得しないといけなくなりました。

半年後に英語が話せなかったら仕事はありません。これが何を意味するのか分かりますよね。

当時22歳だった僕は必死でした。

23時に帰宅して午前3時とか4時まで勉強していました。

必死に勉強すれば、なんとかなる

半年後、まぁなんとか会話ができるようになりました。

社会人からでも英語は習得できることを知りました。

嘘のような話しですが、本当です。

もちろんネイティブみたいにペラペラってわけでは無いです。

必要最低限の単語や文法を覚えて、とにかくリスニングを頑張りました。

単語が分かっても英語が聴けなかったら意味ないですからね。

その時にお世話になったのがオンライン英会話なのです。

社会人になっても諦めずに勉強すれば英語は話せるようになるってことを情報発信できればと思い、このメディアを開設しました。

これからはTOEIC® Speaking & Writing Testsも勉強したいです

20代の頃は仕事で忙しくてなかなか資格は取れませんでしたが、資格って大切だなって思うこの頃なので、TOEIC® Speaking & Writing Testsを勉強しようと思います。

BUSINESS INSIDERのニュースにもありましたが、徐々に読み書きよりも話す力が重視されてきているからです。

このメディアでは僕のTOEIC® Speaking & Writing Testsもぼちぼち掲載する予定です。

英語が苦手な社会人向けに情報発信できればと思います。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

サイト情報

運営者たろう
サイト名オンライン英会話のブログ
サイトURLhttps://five-star.jp/
連絡先こちらよりご連絡ください
プライバシーポリシーこちらをご覧ください

このサイトの信憑性について

当サイトは一次情報とサイト運営者の経験・体験をもとに情報を発信しています。

次の資料などを参考にしつつ、正しい情報をお伝えできるように努めています。