転職したいけどスキルがない人には英語がおすすめ|ハロワとは無縁になります

転職したいけどスキルがない

・仕事をやめたい
・転職がしたい
・でもスキルが無いから辞められない

転職したいけれどスキルが無いと悩んでいる人には英語の勉強をおすすめします。

英語は国際言語であることは周知の事実ですが、転職に有利に働くからです。

この記事では以下のトピックについて詳しく解説します。

この記事で扱うトピック
  • 転職したいけどスキルがない人は英語を勉強しよう
  • スキルがない20代・30代は英語力を付けるべき理由
  • スキルがない40代・50代も英語を勉強するべき理由
  • スキルがない人が英語を取るべきメリットとデメリット
  • 何がしたいか分からないなら尚更英語を学ぶべき

漠然と何をすればいいか分からない人にも有益な記事です。

スキルが無いと悩んでいる人はぜひ読み進めてください。

目次

転職したいけどスキルがない人は英語を勉強しよう

英語を勉強する人

転職したいと悩んでいる人は英語の勉強をするべきです。

他にスキルが無くても転職に有利になります。

こちらでは転職したい人が英語を勉強するべき理由を以下のトピックに分けて説明します。

スキルが無い人が英語を勉強するべき4つの理由
  • つぶしが効く
  • 自分に自信がつく
  • 外資系企業に転職ができる
  • 日系企業の国際部門に転職ができる

つぶしが効く

英語を身につけるとつぶしが効きます。

転職をしたいけれど、スキルが無いと悩んでいる人にはうってつけのスキルです。

楽天インサイトの英語に関する調査によると、約7割の日本人が英語が苦手と認識しています。

国際語学教育機関である「EFエデュケーション・ファースト」の調査によると、調査した112カ国中78位と日本人の英語は非常に低いレベルとされています。

アジアでのランキングでも24カ国中13位で、前後はベトナムやスリランカなど開発途上国が占めています。

英語が話せるだけで市場価値が上がります。

英語関連の資格を取ると更に良いです。

自分に自信がつく

英語を身につけると自信が付きます。

自信が付くことで、会社に振り回されることも少なくなります。

今の会社にしがみつく必要がなくなり、何かあっても転職できるという自信があるので、会社に対して強気で交渉することができます。

英語のスキルを付けると人材としての希少価値が上がり、転職の間口が大きく広がります。

英語はスキルがない人に特におすすめ。

外資系企業に転職ができる

英語ができると外資系企業に転職ができます。

外資系企業の収入は日系企業より上の場合が多いです。

転職して年収を挙げたいと思っている人にとって、英語の勉強は収入を上げるための一番のスキルになるでしょう。

【登録無料】外資系企業に強い転職エージェントはこちら

日系企業の国際部門に転職ができる

英語を話せると日系企業の国際部門に転職ができます。

日本では英語の読み聞きに苦労しない人の割合は2.5%程度との調査があるように、英語が話せることで希少価値の高い人材になれます。

国際化によって語学留学をする人や帰国子女が増え、英語を話す人は増えてきていますが、依然として英語を話せる人は貴重な存在です。

外国の労働者が年々増加していますが、コミュニケーションの点で問題があります。

やはり日本人どうしの方がコミュニケーションは取りやすいことから、英語を話せる日本人は貴重な存在です。

日系企業の正社員なら安定感がありますよね。

日系企業への転職を考えるなら英語の勉強をしてスキルを付けることに損はありません。

国際部門で活躍したい人におすすめの転職エージェントはこちら

スキルがない20代・30代は英語力を付けるべき3つの理由

英語の本を読む人

20代や30代の若手ビジネスマンは英語を勉強するべきです。

英語を話せるようになることで今後の活躍の場が増えるからです。

社会人になってから英語を勉強して話せるようになるのは難しいこと。

英語は十分スキルとしてアピールできます。

以下ではさらに詳しく解説しています。

これからはグローバル化の時代

21世紀はグローバル化の時代と言われています。

日本に住んでいても英語を話す機会はどんどん増えていきます。

訪日外国人観光客の増加や、日系企業の外資による買収など、海外との接点は増える一方です。

企業からしても、最終選考に残った人材が、英語を話せる人材と話せない人材の2人だった場合、英語を話せる人を選ぶでしょう。

グローバル化の流れに乗り、良い転職をしたいなら英語は必須級のスキルです。

外国人が上司になる場合がある

グローバル時代の現代においては合併や買収で自社が外資系企業の傘下に入る場合があります。

外国人が上司になった場合には英語は圧倒的に有利に働きます。

いくら仕事が出来ても上司と意思疎通できなければ報告や連絡ができませんよね。

英語ができるだけで上司とコミュニケーションをとれます。

日系企業では賃金が上がりづらい

日系企業では賃金は上がりづらいです。

日本は経済成長率が低い国だからです。

日本人の初任給は20年前とほぼ変わりません。

日本の経済成長率消費者物価指数から分かる通り社会人の賃金は同じ企業にいてはなかなか上がりません。

英語を覚えて外資系や日系の高待遇な企業に転職するのが、賃金を上げる一番の近道です。

スキルがない40代・50代も英語を勉強するべき3つの理由

スキルが無い人

そろそろ転職が厳しくなってくる40代や50代では英語力があればライバルを圧倒できます。

こちらでは以下の内容を解説します。

スキルがない40代・50代も英語を勉強するべき3つの理由
  • 同世代の競争相手が少ない
  • 今あるスキルと合わせると強い武器になる
  • ハローワークで応募しなくて済む

同世代の競争相手が少ない

40代や50代になると、同世代の競争相手が少なくなります。

転職する人は比較的少ないですが、そのなかで英語を話せる人は、話せない人と比較すると転職に有利になります。

転職したいけどスキルがないと嘆いている人こそ英語を勉強するべきです。

今あるスキルと合わせると強い武器になる

英語を覚えると、今あるスキルと合わせて強い武器になります。

こちらのように、今している職業に加えて英語を掛け合わせることで市場価値は大きく上がります。

  • 経理x英語
  • 営業x英語
  • 技術x英語

40代や50代になってスキルが全くないということは稀です。

今の仕事を長くしている人なら、それはスキルと呼んで良いでしょう。

今の仕事に英語をあわせることで、現状よりも転職の難易度が下がります。

転職したいなら英語の勉強がおすすめです。

ハローワークで応募しなくて済む

スキルが無い40代・50代が英語を覚えると、ハローワークの求人に応募する必要がなくなります。

転職エージェントを利用する時も英語力があるのと無いのとでは紹介される案件の数が変わります。

ある程度年齢がいっている人でスキルが無い人は、転職する時にハローワークに頼りますよね。

ハローワークでは多くの求人募集がありますが、掲載料が無料なので離職率の高い企業が通年で出している場合があります。

おそらく最後の転職になるであろう40代・50代でブラック企業への転職は避けたいはず

転職したいけどスキルがない40代・50代は英語に英語はおすすめです。

スキルがない人が英語を取るべきメリットとデメリット

メリットとデメリット

スキルがない人こそ英語を勉強するべきです。

とはいえ何事にも一長一短があります。

こちらでは、スキルがない人が英語を勉強することについて以下の内容について詳しく解説します。

スキルが無い人が英語を勉強するべきメリットとデメリット
  • メリット1 転職先がすぐに決まりやすい
  • メリット2 勢いで会社を辞めてもなんとかなる
  • メリット3 ハローワークの求人に応募しなくていい
  • デメリット1 英語の習得には時間がかかる
  • デメリット2 資格で証明する必要がある
  • デメリット3 毎日英語に触れないと忘れてしまう

メリット1 転職先がすぐに決まりやすい

英語ができると転職先が決まりやすいです。

日本人で英語ができる人材は貴重だからです。

英語ができるだけの人だと厳しいかもしれませんが、話せないよりはマシです。

社会人になってから英語を勉強して習得した人は、努力ができる人として高く評価されます。

企業は「努力ができる人」を求めています。

社会人の限られた時間の中で、多くの日本人が苦手とする英語を継続して習得した事は、有効なアピールポイントになります。

英語をスキルとして持っておくだけで可能性は広がります。

メリット2 勢いで会社を辞めてもなんとかなる

英語を身につければ、上司と喧嘩したり職場の環境にどうしても馴染めず、勢いで退職してしまってもなんとかなります。

英語を使える人材の需要は多く、英語力を活かせる仕事は結構あります

英語を話せない人よりも待遇はいいです。

dodaで「英語力を活かす仕事」で検索した結果、東京都の求人だけで240件以上もありました。

バイリンガルのための転職・求人情報サイト「Daijob.com」を展開するヒューマングローバルタレント株式会社の調査によると、英語力があると英語を使わない職場に比べて賃金の待遇がいい傾向が見られました。

ビジネスパーソンに与える英語の賃金格差
出典:https://corp.daijob.com/news/news/20201120

特に50代場合は英語力がある人は83万円の年収の差が確認できます。

英語を話せる人材は高く評価される。

メリット3 ハローワークの求人に応募しなくていい

転職したいと思ってもハローワークのお世話にはなりたくないですよね。

スキルが無い人の場合は、求人サイトの他に念のためにハローワークの求人にも目を通すのではないでしょうか。

ハローワークでは求人募集がたくさんありますが、掲載料が無料なので通年で出している企業も少なくありません。

一般論ですが、ハローワークの求人には待遇が悪い企業が多いと言われています。

英語を話せるスキルを持っていると、いい条件の求人に応募することが可能です。

転職活動の時にハローワークと無縁になります。

デメリット1 英語の習得には時間がかかる

英語の勉強には多くの時間が必要です。

日本人が英語を習得するのに必要な時間は、およそ2,200時間と言われています。

社会人になってそれだけの時間を英語の勉強に費やすのはかなりの努力が必要です。

仕事終わりや出社前の時間に英語を勉強する必要があるからです。

転職に有利なスキルは英語が全てではありません。

英語が苦手な人は、別のスキルや資格を習得することをおすすめします。

英語以外の資格習得スクール一覧

デメリット2 資格で証明する必要がある

英語のスキルは、資格で証明する必要があります。

転職活動の際に英語力をアピールしようとしても、面接官の前で英語を話すわけにはいきませんよね。

TOEICや英検などの資格を取得してスキルをアピールする必要があります。

資格は一目で分かりやすいので良いですが、各資格ごとの傾向と対策をする必要があります。

デメリット3 毎日英語に触れないと忘れてしまう

英語は毎日触れないと忘れてしまいます。

スキルがない人が転職のために英語を勉強したとしても、できるだけ毎日英語に触れる必要があります。

英語が好きな人なら苦になりませんが、転職のために勉強している人にとっては毎日英語漬けの生活は厳しいです。

英語をスキルとしてアピールした人は、入社後も「英語ができる人」として扱われます。

いつ英語の仕事がきても対策できるように、日々の努力が必要です。

何がしたいか分からないなら尚更英語を学ぶべき

英語で会話をする人たち

漠然と転職をしたいと思っている人、何がしたいかわからない人こそ英語を勉強するべきです。

何かしたい事が決まった時に、英語力が無いから出来ないと後悔したくありませんよね。

英語は一次情報を入手するための重要なスキル。

転職以外にも今の仕事を深掘りしたくなった時にも役立ちます。

英語ができるだけで可能性が広がる

英語は生きていく上で大きな武器になります。

英語ができるだけでアメリカやシンガポールなどの海外に言葉の悩みを持たずに旅立つことができます。

仕事でも英語ができると高待遇を与えられたり良い仕事が回ってくることがあります。

転職サイトでは英語ができるかどうかのチェックボックスがあることでも分かる通り、企業は英語ができる人材を常に探しているのです。

現時点でスキルが無いけれど転職したいと悩んでいる人にとって、英語は大きな武器になります。

英語を勉強するためのコストはかなり低くなった

現在は、英語を勉強するためのコストがかなり低くなりました。

2000年代やそれ以前だと、英語を勉強するためには英会話学校に通うか家庭教師を呼ぶなどのお金がかかる方法がメインでした。

今は格安のオンライン英会話がある他、参考書も豊富に揃っています。

YouTubeを使えば無料でリスニングの練習もできます。

英語は勉強しようと思えば、低コストで獲得できるスキルです。

スキルが無くても英語を話せるだけで待遇がよくなる

スキルが無くても英語が話せるだけで、話せない人と比較して待遇が良くなります。

まだスキルが培われていない20代では特に英語が話せるかどうかは大きなポイントです。 

英語を必要とする職場に転職ができるので、必然的に待遇はよくなります。

今後の転職のためにも英語のスキルを磨くことは重要です。

まとめ スキルが無いならとりあえず英語を勉強しよう

この記事では以下の内容を扱いました。

  • 転職したいけどスキルがない人は英語を勉強しよう
  • スキルがない20代・30代は英語力を付けるべき理由
  • スキルがない40代・50代も英語を勉強するべき理由
  • スキルがない人が英語を取るべきメリットとデメリット
  • 何がしたいか分からないなら尚更英語を学ぶべき

「転職をしたい」、「でもスキルがない」と悩んでいる人には英語の勉強がおすすめ。

英語は国際言語です。

これからの時代、何をするにも英語のスキルがあるに越したことはありません。

もし今やりたいことが無ければ、とりあえず英語の勉強をおすすめします。

英語を習得して、今後の可能性を広げましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる