仕事で英語ができなくて辛い人が取るべき2つの方法を紹介します

仕事で英語ができなくて辛い人が取るべき2つの方法を紹介します

・英語を使う部署に配属された
・なかなか英語を覚えられない
・英語ができなすぎて辛い

仕事で英語が必要になったけれど、話せなくて辛いと思ったことはありませんか。

仕事で英語が必要なのに、英語が話せない状態が続けば辛いだけのみならず、最悪の場合異動や解雇が考えられます。

この記事では仕事で英語ができなくて辛い人が取るべきたった2つの方法を解説します。

この記事を読むことで仕事で英語が必要な人の悩みが解消されます。

結論ですが、英語の上達には勉強しか方法はありません。英語の問題は、時間とお金が解決してくれます。

英語ができなくて辛いと悩んでいる人は読み進めてください。

目次

方法① 仕事で英語ができなくて辛い人は勉強するしかない

仕事で英語ができなくて辛い人は勉強するしかない

英語ができない人が、英語を習得するためには以下のどれかを試す必要があります。

  • オンライン英会話で勉強する
  • 独学で頑張る
  • 留学をしてみる

英語はすぐに身につくスキルではありません。

マラソンのように長い期間の継続が必要です。

以下でそれぞれの特徴を順番に解説します。

オンライン英会話で勉強する

仕事で英語ができなくて辛いと感じている人にオンライン英会話は最適です。

たろう

英語を話すには経験が必要です。

英語ができないのは、圧倒的なアウトプット不足が原因です。

辛いと感じている人こそ、英語に触れる機会を増やすべき。

オンライン英会話はレッスン以外に単語アプリなどの勉強ツールが揃っています。

単語力に不安のある人や文法が気になる人にもおすすめです。

中学レベルの英語も話せない人の場合

中学レベルの英語も話せない人にもオンライン英会話はおすすめです。

オンライン英会話には単語や文法を勉強する教材がそろっているからです。

学校を卒業してから英語に触れていない人にとって、英語の再勉強は辛いと感じますよね。

オンライン英会話では初心者向けのレッスンが充実しています。

たろう

英語を上達させるカギは、英語にたくさん触れることです。

さらにおすすめなのは、英語を話す機会をたくさん作ること。

オンライン英会話では、英語力が無くて英会話ができない最初のうちは辛く感じることも多いと思います。オンライン英会話を利用することで、英語を通じて海外の人と交流出来たり文化に触れることで、英語の勉強が楽しくなります。

TOEICなどの資格を持っていて英語を話せない人の場合

TOEICや英検などの資格で高得点を獲得しても英語を話せない人がいますが、TOEICはリスニングやリーディングなどのインプット関連の資格でスピーキング力は問われないのが理由です。

もしTOEICで高得点を獲得されている人で、TOEICで高得点を持っているにも関わらず英語が話せなくて辛いと感じている人は、会話の練習をしましょう。

たろう

オンライン英会話はアウトプットの絶好の場です。

TOEICや英検で高得点を取ったことがある人は、単語や文法の基礎が出来上がっています。

オンライン英会話でレッスンを受ければ、英会話が上達するのも早いでしょう。

独学で頑張る

仕事で英語ができなくて辛いと思っている人は、勉強するしかありませんが、独学は有効な手段です。

こちらの人は独学に適しています。

  • 金銭的に余裕がない人
  • 周囲に英語の勉強を見られたくない人
  • 意志力がある人

独学は最もお金がかからないコスパの良い方法です。

独学には強い意思力が必要ですが、実は英語の勉強で一番の敵は自分の意思です。

実に約9割の人が継続できずに英語学習を挫折してしまいます。

はじめのうちはやる気に燃えていても、1週間や1ヶ月経つと甘えが出てきて継続できなくなるのはよくあるパターン。

過去に自力で何かを成し遂げた人には、独学はおすすめです。

継続が難しい人は、オンライン英会話や英会話スクールのサービスを検討しましょう。

留学をしてみる

英語を上達させたい人には、環境を変えてみることをおすすめします。

英語を上達させるには、英語が話されている環境に行くことが近道です。

日本で英語を勉強しても、日常生活で英語を使う機会はほぼありませんよね。

オーストラリアやカナダは英語が公用語なので、英語力は否応なく上がることになります。

収入に不安のある人にはワーキングホリデーがおすすめ。

昨今の状況を鑑みて留学が難しいと判断された方は、独学やオンライン英会話で事前準備しておきましょう。

方法② 仕事で英語ができなくて辛いなら転職という方法もあります

仕事で英語ができなくて辛いなら転職という方法もあります

仕事で英語ができなくて辛い人には転職という方法もあります。

転職して、英語が必要ではない環境に移ることで英語の問題は解決します。

おすすめは転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、転職サイトと違い登録者に担当が付き、それぞれの希望にあった企業を紹介してくれます。

転職エージェントにはたくさんの種類があります。

たろう

おすすめは3社以上に登録することです。

1社や2社だと情報に偏りがあります。

3社以上に無料登録して、エージェントからの情報を待ちましょう。

【相談無料】大手転職エージェント

仕事で英語ができなくて辛い理由を考察

仕事で英語ができなくて辛い理由を考察

仕事で英語ができなくて辛いと感じている人にはこちらの理由が考えられます。

  • 周囲に迷惑をかけるから
  • 恥ずかしいから
  • 英語ができない自分に腹が立つから
  • クビが怖いから

英語が必要だけど、できなくて辛いと悩んでいる人にはマジメな人が多いです。

順番に解説します。

周囲に迷惑をかけるから

英語ができず、周囲に迷惑をかけていると感じると辛くなります。

  • 仕事で英語が必要になった
  • 英語が必要な部署に異動になった

など、英語を話さないといけない仕事環境に関わらず英語ができないと耐え難い感情になります。

急な異動などで周囲が自分の英語力に理解がある場合は、なるべく早く英語を勉強して上達するように心がけましょう。

恥ずかしいから

他人に自分の英語を聞かれて恥ずかしい思いをしたことはありませんか。

他人の英語を聴いて「文法が悪い」「発音が悪い」という日本人ならではの悪口を言う人がいます。

たろう

そういう人に限って英語を全くできない事が多いです。

英語を勉強してきた人は、英語勉強の辛さを知っているし、他人の発音を馬鹿にしません。

他人の英語を馬鹿にする人に気を使う必要はありません。

他人に聴かれているから恥ずかしいと思っている場合は、スピーキング力に不安があるからです。

スピーキングに不安がある人は、オンライン英会話を利用して発音や言い回しの練習をしましょう。

英語ができない自分に腹が立つから

英語が必要な環境にいるのに、なかなか上達しない自分に腹が立ち、辛い思いをすることがあります。

周囲からの期待に応えられずに辛い思いをすることは、よくあることです。

英語ができなくて辛いと感じている人の多くはマジメな人です。

英語を上達させようと、日々努力していても上達が見られなかったら辛いですよね。

とはいえ継続的に英語を勉強していると、少しずつではありますが、上達はしています。

英語の習得には2,200時間ほどかかるのは事実ですが、勉強しているのにまったくできない事は考えづらいです。

なかなか上達しない。。。

と悩んでいる人は、一度自分の勉強方法を見直す機会を設けることをおすすめします。

解雇が怖いから

解雇が怖いことは大きな理由になり得ます。

仕事で英語が必要とされているにも関わらず、英語ができないのは仕事ができないのと一緒だからです。

とはいえ日本の法律上、正社員はよほどの事が無い限りクビにはなりません。

  • 英語が必要な環境になったのに勉強しない
  • そもそも仕事をしない

などは解雇の理由になる可能性があります。

職場で辛い思いをして英語に挑戦している人がクビになるとは考えづらいです。

解雇を恐れる人は、待遇が悪くなる前に状況を改善しましょう。

仕事で英語が必要な環境に配属された人の特徴

仕事で英語が必要な環境に配属された人の特徴

仕事で英語が必要な環境に配属された人にはこちらの特徴があります。

  • 将来性を期待されている
  • 実績を評価されている
  • 英語ができると勘違いされている

英語ができないのに、英語が必要な部署に配属された人は自信を持つべきです。

仕事ができない人に英語を使う部署や環境に異動させることは考えづらいからです。

将来性を期待されている

会社で英語が必要な環境に配属された人は、将来性を期待されている可能性があります。

ポテンシャルが高いと判断されていると考えられます。英語を使う環境は日常ではありません。

日本人の英語話者が約10%と言われています。

少し古いですが楽天インサイトの、日本人の英語力に関する調査で「英語が得意」と答えた人は8.7%でした。

新しい環境に適応できると会社が判断したから、英語が必要な部署に異動になったと考えられます。

英語ができる人を採用することが一番はやい解決方法ですが、人材の採用にはコストがかかる上に、すぐに退職されるリスクも孕んでいます。

社内で英語を話せる人を育成しようと考えると、能力の高い人に白羽の矢が立つのは当然のこと。

もし会社で英語が必要な部署に配属された人や英語が必要な仕事を任されて辛いと感じている人は、逆に自信を持ちましょう。

たろう

会社はあなたの能力を高く評価しています!

実績を評価されている

英語が必要な環境に配属された人は、これまでの仕事の実績を評価されています。

新しい環境でも、きっと結果を残してくれるだろうと期待されています。

たろう

会社から期待されています!

海外とのやり取りはデリケートで、外国語を使うことから慎重な意思疎通が求められます。

商習慣の違いで悩むことも。

それらの困難を乗り越えて、結果を残せると判断されています。

英語ができなくて辛いと感じているという事は、成長している証です。

なぜなら勉強をしていなかったら、辛いとすら感じないからです。

毎日英語を勉強して、成長を実感しましょう。

英語ができると勘違いされている

英語ができると勘違いされている可能性があります。

  • 帰国子女っぽい
  • なんとなく英語ができそう
  • 面接で英語力を自慢した

勘違いされる理由はさまざまですが、本当は英語ができないことをきちんと説明しましょう。

もし面接の時に英語ができると嘘を付いて入社した場合、経歴詐称と判断され、解雇される可能性があります。

面接の時に、英語ができると言って入社した場合は、転職を視野にいれましょう。

まとめ 逃げずに英語に向き合った先に光が見えるかも

この記事では以下のトピックについて解説しました。

  • 仕事で英語ができなくて辛い人は勉強するしかない
  • 仕事で英語ができなくて辛い理由を考察
  • 仕事で英語ができなくて辛いなら転職という方法もあります
  • 仕事で英語が必要な環境に配属された人の特徴

英語ができなくて辛い思いをしていても、それは一時的な事のはずです。

英語は勉強しないと習得できませんが、勉強すれば習得できます。

日本人で英語を話す人は市場価値が非常に高いので、これをチャンスと捉えて前向きに勉強してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる